テスラ(英: Tesla, Inc.、NASDAQ: TSLA)は、テキサス州オースティンに本社を置く、アメリカの電動輸送機器およびクリーンエネルギー関連企業である。及び、同社が製造販売する自動車のブランドや自動車自体の通称である。 テスラの現在の製品には、電気自動車、家庭用からグリッドスケールまで…
88キロバイト (11,516 語) - 2024年3月18日 (月) 14:40
10%以上の従業員削減は、テスラにとって大きな変化になるでしょう。今後の経営戦略や業績にどのような影響が出るのか、注目したいところです。人数が気になります。

【【テスラ】10%以上の従業員削減を計画-経営の効率化を図る】の続きを読む


ビッグが一番!」。 帝国データバンクの発表によれば、2022年度の中古車業界の中でビッグモーターの売上高ベースのシェアは約15%でトップ。 なお、2023年7月時点で全ての株式を兼重一族の資産管理会社である株式会社ビッグ
144キロバイト (21,924 語) - 2024年3月31日 (日) 08:01
ビッグモーターの車が続々と盗難事件から回収されるなんて、本当に不可解ですね。もしかしたら犯人たちはビッグモーターの力を知っていて、自ら車を放棄しているのかも?不思議ですね。

【ビッグモーターの盗難車両がなぜか続々と発見される背景には何が?】の続きを読む


NCID BA86024968。  統計主事 (旧法) 統計学 - 統計学の歴史 統計検定 (資格) 統計数理研究所 総務省 - 総務省統計統計研究研修所 独立行政法人統計センター(独立行政法人統計センター法) 社会調査 国勢調査 - 国勢調査 (日本) 人口統計学 経済統計 - 経済指標 貿易統計 国際統計協会 日本統計協会…
32キロバイト (4,784 語) - 2024年3月10日 (日) 02:27
統計データからも、女性は男性に比べて身体が小さく、筋力が弱い傾向があるため、自動車事故で負傷しやすいという傾向が見られるそうです。

1 ぐれ ★ :2024/04/13(土) 07:38:38.02 ID:JrYoM92O9
※4/12(金) 14:11配信
Merkmal

日米データで証明

 自動車事故が発生すると、女性のほうが負傷しやすいというデータが積み上げられてきている。

「米公衆衛生ジャーナル」に掲載の論文によれば、1998年から2008年に米国で発生した自動車事故データを分析したところ、シートベルトを装着していても重傷を負った確率は、女性のほうが男性より

「47%」

高かった(2011年11月28日付『Vulnerability of Female Drivers Involved in Motor Vehicle Crashes: An Analysis of US Population at Risk(自動車事故に巻き込まれた女性ドライバーの脆弱(ぜいじゃく)性:米国の危険人口の分析)』。

 そして最近、日本の自動車事故データからも同様の男女差があることがわかった。毎日新聞が、警察庁の2013(平成25)年から2022年までの事故データから、正面衝突や出合い頭の衝突で車の前面をぶつけた、シートベルト着用の運転手、計178万6680人(男性121万4032人、女性57万2648人)の負傷状況を分析した。

「重傷」「軽傷」となった女性は21.05%で、これは男性の

「1.45倍」

だった。1年ごとにみても、その数字は1.43~1.47倍であり、大きな差はなかった(2024年3月8日付)。

男女差の損傷パターン

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7fee8e500ff55a950e1d007fc62ce4d5244b9ec

【女性はなぜ男性の1.5倍も自動車事故で負傷しているのか?その理由を解説】の続きを読む


カーグラフィック > カーグラフィックTVカーグラフィックTV』 (カーグラフィックティービー、Car Graphic TV)は、BS朝日とカーグラフィック社が制作する自動車情報番組である。略称は「CGTV」「カーグラTV」。 「自動車雑誌『カーグラフィック
29キロバイト (3,888 語) - 2024年4月12日 (金) 21:26
40年も続いている番組なんてすごいですね!これからもたくさんの名車や情報を楽しみにしています。長寿番組ですね。

【「カーグラフィックTV」40周年記念、往年の名車がズラリと登場する初の公開収録】の続きを読む


これは本当に画期的なアイデアですね!右折待ちゼロで衝突事故を防げるなんて、交通安全にとっても大きな進歩になるでしょう。実用化してほしいですね。

1 すらいむ ★ :2024/04/06(土) 21:05:53.18 ID:K8EXkaeO
右折待ちゼロは「逆転の発想」から!? 衝突事故防ぐ画期的なアイデア「反転交差点」実用化へ本研究開始 “矢印信号”もいらない!一体どんな構造なのか

 国土交通省の新技術研究として、「反転交差点」という先進的な交差点構造の本研究が始まりました。
 安全でスムーズな走行を実現する新発想の交差点、一体どんなものなのでしょうか。

■アメリカの先進事例に着目

 国土交通省が採択して研究される「道路に関する新技術」で、交差点の課題解決に期待される新たな技術が、研究スタートとなります。
 
 「反転交差点」と呼ばれるこの新技術、いったいどんな技術なのでしょうか。
 実現すればどう便利になるのでしょうか。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

2024.04.05 くるまのニュース編集部
https://kuruma-news.jp/post/761393

【【反転交差点】交通渋滞を解消する新しいアプローチ!実現への道のり】の続きを読む

このページのトップヘ